芝生の分類

暖地型(夏芝) 高温の環境下で育つ芝。日本の大部分である温帯地域によく用いられる。
10℃以下で生育が停止し、色が茶褐色になって一見枯れたように見えるが、
これは休眠しているだけで、春になるとまた色が戻り始め、芽をだす。
寒地型(冬芝) ほとんどの西洋芝。夏でも涼しい地域に用いられる。北海道や東北、山岳地帯など。
5℃以下で生育が止まります。ですがその色を緑に保ちます。
乾燥に弱いものが多く、成長が早いので管理面が難しいです。夏の暑さに耐えうる改良種も出ています。
  日本芝 西洋芝 適正気温
暖地型芝 野芝
高麗芝
姫高麗芝
バミューダグラス類(ティフトン)
セントオーガスチングラス
20℃~25℃
寒地型芝   ベントグラス類(ゴルフのグリーンなど)
ブルーグラス類
フェスク類
ライグラス類
15℃~20℃

プチロールターフの芝は冬芝だけど、暑さにも強いケンタッキーブルーグラス。

耐寒性 芝草の種名 耐暑性 芝草の種名
極強 クリーピングベントグラス、ラフブルーグラス 極強 ノシバ、コウライシババミューダグラス、カーペットグラス、センチピードグラス、テイフトン
チモシー、ケンタッキーブルーグラス
カナダブルーグラス、コロニアルベントグラス
トールフェスク
コロニアルベントグラス、クリーピングベントグラス、ケンタッキーブルーグラス
クリーピングレッドフェスク、チューイングフェスク、ハードフェスク、トールフェスク、メドウフェスク、ノシバ、ティフブレア    
ペレニアルライグラス、イタリアンライグラス、
バミューダグラスコウライシバ、センチピードグラス、テイフトン
やや弱 カナダブルーグラス、チューイングフェスク、クリーピングレッドフェスク、ペレニアルライグラス、レッドトップ
チモシー、イタリアンライグラス
極弱 バヒアグラス、セントオーガスチングラス、
カーペットグラス
   
閉じる