マイページへログイン お問い合せ

屋上緑化やガーデニングに最適な芝生等の販売通販エコスクエア三都

気軽にエコ&プチ・ガーデニング
エコスクエア・サント

0120-310-890

肥料のチッソ・リン酸・カリって何?

芝生のプロが
お手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

肥料のチッソ・リン酸・カリって何?

芝生の生育に必要となる肥料の3つの栄養素をチッソ(N)・リン酸(P)・カリ(K)の
3大要素といいます。

これらを含む肥料を定期的に、または状況に合わせて散布してあげることで、芝生をきれいに仕上げます。

肥料の3つの栄養素、その効果について

  • N(チッソ)には、芝生の葉や茎の生長を促す効果があります  「葉肥え」
    チッソが十分に供給されると葉は濃い緑色になり、よく伸びます。
  • P(リン酸)には、茎葉・根の生長を促す効果があります  「実肥え」
    芝根の発達や発根に効果があり、茎葉の生長や芽の分けつも良くなる効果があります。
  • K(カリ)は、茎の生長を促します 「根肥え」
    カリウムが十分に供給されると、細胞レベルで丈夫な細胞膜や細胞壁を作り抵抗性が強くなり、乾燥にも強くなります。しかし、カリウムが供給不足に陥ると、葉に褐色の斑点ができはじめ、細胞膜、細胞壁の抵抗性は低下し、乾燥にも弱くなり始めます。

各々の肥料成分の濃度は「10-8-7」が草花一般的に良いとされる比率です。
ただし、芝生になると「10-10-10」であったり「8-8-8」であったり、ものによって肥料の比率は様々で、必ずしもこうでないとならないという決まりはありません。

出水eyes

施肥は芝生用など色々有りますが「8-8-8」普通化成を月一回散布で良いでしょう。
芝生用肥料などは高額ですし、散布するには機械が必要となります。
液体肥料・化成肥料どちらも散布後は必ず散水が必要です。

肥料のご購入こちら» 

芝生の肥料を使うときに気をつけたいポイント

肥料はただやみくもに施せばいいというものではありません。誤った時期、
方法で施肥すると、あらゆる問題が生じてしまいます。

肥料を与える際に気をつけるべきポイント

  • ・肥料を蒔いて芝生を伸ばす。そして伸びた芝生の芝刈りをする。この作業を繰り返すことによって、葉や茎がしっかりと詰まった丈夫な芝生になります。
  • ・「肥料を蒔くことと芝刈りをすること」は、丈夫な芝生を育成するのにとても大切な作業です。しかし、肥料の与えすぎは禁物です。過剰施肥により生育が旺盛になりすぎると、必要以上に刈り込みをしなくてはならなくなります。過剰施肥は、同時に雑草等がはこびる原因ともなります。
  • ・不必要な刈り込み回数の増加は、かえって芝生に対してダメージを与えますのでその点にも注意して肥料を与える必要があります。逆に、生育期に葉色が冴えない場合はすぐに肥料不足を疑ってください。すぐに肥料を与えて対応する必要があります。
  • ・過剰肥料か肥料不足かを判断しながら、適切に肥料を与えるようにしてください。

与える肥料量の目安

寒地型西洋芝

肥料は化成肥料より液体肥料を推奨。夏場は活力剤で対応ください。

芝生には定期的に肥料を与えてください。目安として、液体肥料を2週間に1回ぐらい(夏場を除く)を目安に散布してください。肥料には化成と液体の肥料がありますが、洋芝には化成より液体の肥料の方が効果があるとされます。
夏期(7月〜8月)は活力剤(※)で対応してください。例えになりますが、夏バテ中に栄養たっぷりのステーキ(肥料)は食べられないですよね?軽く済ませる程度(活力剤)で十分です。
活力剤は即効性があるのですぐに効果がでてきます。

高麗芝・野芝などの日本芝

肥料は化成肥料を推奨。夏場は活力剤でも対応ください。

芝生には定期的に肥料を与えてください。目安として、化成肥料を月に1回ぐらい(夏場を除く)を目安に散布してください。肥料には化成と液体の肥料がありますが、日本芝には基本、化成肥料を使用するとよいでしょう。
日本芝は夏芝というぐらいですから夏場の暑さには強いです。しかし、特に8月などがそうですが、猛暑日が続くなど、あまりの高温状態が継続すると、さすがに夏バテ状態に陥ります。
そんな場合は、西洋芝と同じく活力剤(※)で対応してください。
活力剤は即効性があるのですぐに効果がでてきます。
(※活力剤とはN(チッソ)、P(リン酸)、K(カリ)の三要素が低濃度に希釈され、肥料としての規定を満たさない栄養液のことをいいます。例えるなら栄養ドリンクのようなものです。)

設置直前に、土に肥料を蒔くか、芝が根付いた頃に、肥料を蒔くようにしてください。その間は水と活力剤(週に1回ぐらい)を与えてあげるとよいでしょう。
刈り込みをしたら必ず1回は肥料を与えます。目安として、約30〜40gぐらいでよいでしょう。肥料は人の手でひと掴み、約40〜50gです。

出水eyes

芝生を張った直後に少量の肥料、もしくは活力剤を散布しましょう。そうしてあげるとより芝生の生長が促進されます。

肥料を蒔く際の注意点

  • ・肥料はムラなく蒔かないといけません。ムラに蒔いてしまうと、芝生がよく伸びるところとあまり伸びないところができてしまいます。よく伸びる部分はすごくかたまってしまう恐れがあります。
  • ・部分的に芝生が集中しすぎると、逆に芝生枯れの原因となります。
    栄養を吸収しすぎて、密集状態となっている芝生ほど、夏場の厳しさを乗り越えにくい、ヘタリやすい、枯れやすい芝生になってゆきます。
  • ・肥料は蒔き終わったら、水をまいてしっかりと溶かします。そうすることにより、肥料はゆっくりと土の中に滲みこんでゆきます。
    土に滲みこんだ肥料の栄養を、芝生は根から円滑に吸収することができます。

栄養が偏りすぎ、1部分に芝生が密集してしまうと、その箇所だけ、土が盛り上がってきます。盛り上がるのは、土の中が根だらけになり、隙間がなくなるためです。そうなると土の中に隙間がないため、十分な空気が入り込まなくなります。空気に触れることのできない根はどんどんと傷んでゆき、そのまま放置すると、芝生は枯れてゆきます。対策として良いのがエアレーション(穴あけ作業)です。エアレーションすることにより空気の入るスペースを確保できます。根の再生を促す効果的な方法です。また、増えすぎた根は部分的に切って対応するといいでしょう。

出水eyes

穴あけ・根切りは足踏み用が市販されており、とても便利です。作業後は必ず目砂散布、肥料散布を行い、散水を行いましょう。

手散水と自動散水、それぞれの水やりのコツ教えます

芝生のプロが
お手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

手散水と自動散水、それぞれの水やりのコツ教えます

芝生には定期的な水遣りが必要です。
その散水の方法には様々なケースが想定されます。

お庭のちょっとしたスペースなら十分に手散水でも対応できますし、広範囲の敷地ならば当然、手散水では対応しきれません。また、散水する水量にも違いがあります。
人に例えるならば、喉が乾いていない時に水や飲み物はあまりほしくはないですよね?
逆に喉がカラカラの状態なら水をたっぷり吸収したいはずです。それは芝生でも同じことで、雨の降らない日が続き、芝生が乾いてしまったときなどは、たっぷりと水やりをしてあげると芝生は元気になります。
散水方法は、その時々のケースに応じて変わってきますので、意識してゆきましょう。

手散水の場合

  • ・お庭やベランダ緑化など、小面積の芝生なら、ホースを使用しての水やり方法が一般的です。
  • ・根までしっかりと水が行き届くように、たっぷり目に水を与えます。
  • ・手撒きで対応できる平米数は最高で10平米ぐらいまでが限界です。それ以上の平米数になると自動散水機器の導入を検討する必要があります。
  • ・10平米以上の広い敷地で手散水にて水やりをする場合、芝生の端の方までしっかりと水が行き届かない可能性があります。そうなると、芝生は端の方から徐々に枯れてゆきます。

自動散水の場合

  • ・広い敷地は手散水ではなく自動散水で対応すれば、楽に水やりを行うことができます。
  • ・芝生の施工面積が10平米以上になる場合、自動散水システムを設置されることを推奨致します。
  • ・自動散水には長方形や正方形、円形など様々な形状があります。
  • ・散水する場所を考慮して、その場所の形状に合わせて、お好みのシステムを選んでください。
  • ・自動散水システムを設置する場合、水やりのタイマーは必須です。
  • ・予め指定した時刻から決まった時間だけ自動的に散水できますので、長期間留守にする場合などにも重宝されます。

自動散水システムのご購入はこちら» 

水はどれだけあげるのがベスト?

基本的に芝生は大量の水を要する植物です。

水分が不足してくると芝生の状態は明らかに悪くなってゆきます。そのため、状況を見ながら定期的に水やりをしてあげる必要があります。
水やりの仕方ですが、芝生がいくら水分を大量に必要とする植物であるにせよ、やみくもに水を一気にまき散らすようなあげ方はよくありません。水が十分に滲みこむ前に、芝生の表面を流れていってしまうからです。
水分をしっかりと土に滲みこませないことには、そもそも水やりの意味がありません。散水のポイントですが、葉っぱが濡れるくらいではなく、芝生の土がしっとりとするくらい水を蒔いてください。芝生は土にしみこんだ水を根で吸い込んで生長します。ホースを使って水やりをする場合、ホースの口を上に向け、落ちてくる水を降らすようにして蒔いてください。水が土にゆっくり滲みこんでゆくようにします。

屋上で散水する場合ですが、風が強く、乾燥しやすいため、同じく水は余計目にたっぷりと与えてあげてください。
夏場は、早朝に水をたっぷり与えてください。しかし気温が高いので、昼には水分が乾いてきます。夕方に再び水をたっぷり与えてあげてください。

高麗芝・野芝などの日本芝は乾燥に強いので、真夏に晴天が続き、乾燥がひどい時を除けば、水やりは朝1回で大丈夫です。
寒地型西洋芝は乾燥に弱いので、夏場には最低でも毎日、早朝・夕方の2回、水やりが必要です。
夏場、特にお昼の暑い時間帯に水を蒔いても、すぐに水が乾いてしまうのであまり意味があるとはいえません。理由として、水がすぐにお湯のような熱さになり、その熱さのせいで芝生自体が弱ってしまうからです。夏の暑い時はなるべく早朝や夕方など涼しい時に水やりをしてあげてください。

出水eyes

散水は芝生の葉をよく見れば散水の時期が確認出来ます。
芝生の葉が巻いてくると散水のタイミングです。注意すべきこととしては豪雨の時は表面を雨水が川のように流れ、地中に水が浸み込まないこと。

水のやりすぎ「水分過多」には要注意

芝生は水分が多すぎると逆に具合が悪くなります。
与える水分量にも注意が必要です。

芝生はたしかに多くの水分を必要とする植物です。
しかし、水を過剰にやりすぎると、また別の問題が生じてしまいます。
人為的な散水だけに留まらず、自然の降雨にも注意を払う必要があります。
例えば長雨。梅雨時期などは特にそうですが、切れ目なく降り続けますよね。
長雨は、芝生の根本部分を高温多湿にします。
水は溜まりすぎると抜けが悪くなります。
抜けが悪くなり保水すると、水分過多になり根腐れを起こします。
水はけの悪さは病害被害の原因にもなりますし、藻や苔の発生も誘発します。
苔は土の表面で陽のエネルギーを遮るため、芝生の生長に大きな悪影響を及ぼします。

水分過多等による芝生の状態悪化への対策としては、まず苔などを全て取り除いていただいたあと、新たな土(川砂など)をかけて対応してください。
そうして土をなるべくサラサラの状態に近づけます。
苔を取り除き、土の状態を改善することにより、排水性と日照性を確保します。

出水eyes

藻・苔は乾燥させると熊手などで簡単に除去できます。

芝刈りの頻度は?切り方は?ビギナーのための芝刈り基礎知識

芝生のプロが
お手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

芝刈りの頻度は?切り方は?ビギナーのための芝刈り基礎知識

芝生には定期的な刈り込み作業が必要です。放置していると、際限なく伸びてゆきます。

芝生が長いままだと、根元の方にまで太陽の光が当たらなくなります。すると芝生自体がだんだんと弱ってゆきます。そんな事態を避けるためにも、定期的に芝刈りをして、葉全体に太陽の光が行き届くようにする必要があります。
適度な刈り込みを繰り返してゆくことにより、丈夫で強く、元気な芝生を形成させることができます。

高麗芝

高麗芝など日本芝の場合は4月から9月の間が適期です。
生育旺盛な夏場は刈り込み頻度も増えます。
高麗芝のご購入はこちら»    TM9のご購入はこちら» 

よく伸びる時期

TM9(4月〜9月):月1〜2回ぐらい
高麗芝・野芝(4月〜9月):月2〜3回ぐらい

ほとんど伸びない時期

(10月〜3月):無し

寒冷地西洋芝

西洋芝の場合は3月から12月の間。
成長具合に応じて刈り込みます。

春は月1〜2回ぐらい
秋は月2〜3回ぐらいの刈り込みが理想的です。
4月〜9月ごろは成長も早くなるので週1回ぐらいの刈り込みが目安となります。

芝生は頻繁に刈り込むことによって密な芝生を形成します。
短時間に芝面を美しく仕上げることができます。

芝生の刈り高は、芝丈2〜3cmを保つぐらいが良いでしょう。

軸刈りしないために注意すべきポイント

芝刈りの注意点

芝刈りは、しっかりと根付いてから行うのが基本です。そうでないと芝が枯れてしまう可能性があるからです。
しかし長期間、芝刈りを怠ると、背丈はどんどん高くなってゆきます。
(葉だけでなく茎の部分も伸びてゆきます。)

例えば丈を5cm以上に伸ばした芝生を2cmの刈り高で刈り込むと、芝の葉だけでなく、成長点のある茎の部分まで一緒に切り落としてしまいます。これを軸刈り(茎刈り)といいます。

軸刈りをしてしまうと、芝生はみるみるうちに弱ってゆきます。

芝刈りは芝があまり伸びない内に、こまめに行いましょう。
もし伸ばしてしまった場合、一気に低く刈り込むのではなく徐々に時間をかけて低くしてゆくようにしましょう。

芝生は、ほっておくと最終的には草むらのようになってしまいます。
そうなると景観的な問題もありますが、人やペット達が芝生の上でくつろいだり、遊んだりすること自体ができなくなってしまいます。
そうならない為にも、芝生は定期的に刈り込む必要があるのです。

出水eyes

芝生には1/3ルールというものがあります。芝刈りは基本的に1/3以上は刈り込みません。(※10cmの場合3cm以上は刈り込まないでおきましょう)
芝刈りで芝生の集草は頻繁にしなくて良いです。
実は芝かす〈サッチ〉には、保水効果・踏圧抑制効果・腐食酸による雑草種子の発芽抑制のメリットがあるのです。ただし、広大な芝地では別です。

芝刈り機について

芝刈りを行うには芝生専用の芝刈り機が必要です。

芝刈り機にも色々な種類がございますが、代表的なところで、手で押して刈る手押し式の芝刈り機、エンジンが付いてエンジンの力で走って刈ってくれる自走式(電動式)芝刈り機、トラクターのように運転席に乗って動かして芝生を刈る乗用型の大きな芝刈り機などがあります。それぞれ使用途に応じた芝刈り機を選んで作業するようにしてください。

芝刈り機の種類

手押し式リール芝刈り機

敷地の広くない場所や、大きな芝刈り機では刈るのが難しい狭い場所などでは手押し式の芝刈りを使用すると効率よく作業できます。小さくて軽いのが特徴です。子供から大人まで、誰にでも扱いやすい機種です。
自由自在に芝生を刈ることができます。しかし、1回に刈れる量が少ないので、広い敷地には作業的に不向きです。
個人宅のベランダガーデニングや屋上緑化等の芝刈りに最適な機械です。

自走式芝刈り機

手押し式芝刈り機より大きな機械です。小回りがきいて作業しやすく、狭いところでも芝刈りをすることができます。
手押し式芝刈り機より重たく、刃がエンジンの力で高速回転します。そのため扱いが難しく、子供が扱うのには危険です。
個人宅のベランダガーデニングや屋上緑化等の芝刈りに最適な機械です。

乗用型芝刈り機

乗用型芝刈り機は、芝刈り機に乗って、車のように運転して芝刈りを行います。
他の芝刈り機に対し、芝刈りをするスピード、パワー、1回に刈れる芝生量の多さもダントツでNO.1です。
広い敷地でも自走式芝刈り機より短い時間で芝刈りをすることができます。
大人でなければ扱うことができない機種です。

その他の芝刈り機

芝生バリカン、芝生バサミ、電動リール芝刈り機などいろいろあります。
これらは、主に個人宅などでのちょっとした芝刈りで使用するものとなります。
ウッドデッキの基礎まわり、芝刈り機が入らないような狭い場所、縁石やび石まわり、建物の際などをカットするのに重宝します。
用途に応じて、使いやすい芝刈り機を選択しましょう。

<各々の芝刈り機の特徴・使用上のポイントについて>
  • ・手押し式芝刈り機はとにかく労力を要します。
    個人宅やちょっとした施設の芝刈りには適していますが、広範囲な敷地においては使用を見送った方が良いでしょう。
  • ・電動芝刈り機は騒音が少し気になりますが、作業効率という面ではとても便利です。
  • ・芝刈り機には刈り高調整の機能があります。使用の際には、刈り高が3cm以上まで調整が可能なものを選択するようにしましょう。
    また、刈り幅に関しては30cm程度あるものが作業上便利で良いでしょう。
  • ・芝刈り機はタイヤの大きさもポイントです。大きいタイヤは芝生面の抵抗を受けにくいので、取り回しがとても楽です。
  • ・縁石や飛び石のまわりの刈り込みには、芝刈りバサミや芝生バリカンを使用すると良いでしょう。
出水eyes

芝刈り機は刃物です。取扱いには細心の注意を払ってください。芝刈り機の刃を確認する時はエンジンを切る、プラグを抜く時は手袋などで手を保護する、など…必ず実行して下さい。特に小さなお子様が芝刈り機の周りに近づかないよう、注意してください!!

年間管理と作業暦について

芝生は、屋上、ベランダ、お庭などのご家庭から、学校、道路など様々なところで使用されます。

芝生は購入して、設置をしたら後は放置していても大丈夫!というわけにはいきません。
その後のしっかりとした管理・メンテナンスがあってこそ、はじめてキレイな芝生を維持することができるのです。ここでは、代表的な芝生である高麗芝と寒地型西洋芝の年間管理・作業歴を一覧表で紹介します。

高麗芝の年間管理・作業歴

※活力材は日中温度が28度を超える時に肥料の代わりにご利用ください。

高麗芝についてはこちら»  TM9についてはこちら» 

寒地型西洋芝の年間管理・作業歴

※活力材は日中温度が28度を超える時に肥料の代わりにご利用ください。

欧米の映画やホームドラマなどで、庭一面に芝が広がり、大黒柱であるお父さんが芝のお手入れをなどをしている光景を目にすることがあるかと思います。
日本ではまだまだ、芝を植えた後にお手入れするというところまで意識が行きとどかないケースが多いようです。
芝生は天然の生き物なので、植えた以上は、しっかりとお手入れをしてあげなくてはなりません。この管理・作業暦の表は、あくまでも一定の目安ですが、知っておけば、元気な芝生を育てていくうえで、とても有益なものとなるでしょう。

出水eyes

西洋芝の管理は3週間に1度液体肥料(市販の物でいい)を散布しましょう。

元気で美しい芝生を実現するための芝生の張り方

芝生のプロが
お手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

元気で美しい芝生を実現するための芝生の張り方

芝生は適切な時期に芝張りしてあげることにより、芝の根を十分に定着させ、
とてもキレイに育成させることが可能です。

芝の張りつけ適期について

芝生には春植え、秋植えという言葉があり、主に季節の変わり目の時期に芝張りしてあげると良いとされます。一般的に、芝張りは3月〜9月下旬頃が適期とされます。梅雨入り前の4、5月頃が特に根付きが良いです。

春植え
<高麗芝>

芝の張りつけ時期として最適なのは、桜の開花期である春です。
関東地方以西では、3月中旬から6月中旬に張ります。
5月以降は乾燥するので、乾かないよう頻繁な水やりが必要です。
東北地方や高冷地では、4月下旬以降の芝張りが適期です。
地域によって異なってきますが、適切な時期に芝張りを行っておくことにより、秋までにきれいな芝生を育成させることが可能です。

秋植え
<高麗芝>

できれば春に芝張りをしてもらうことがよいですが、秋でも芝生の張りつけ養生は可能です。
関東地方以西では9月下旬まで、東北地方や高冷地では9月上旬まで芝張りが可能です。
しかし秋植えには、春植えにないリスクもあります。
秋植えは作業のタイミングが遅れると、芝の根が十分に定着しない恐れがあります。
10月下旬くらいを境に、気温が急激に低くなり(地温15℃以下で休眠します)、目地が完全に埋まる前に芝生の生長が止まります。
そうなると年内中のきれいな芝生は望めません。
しっかり根付いた芝生にまで育成させるには翌年の春以降まで待たなくてはなりません。
芝生の根がしっかりと張っていないと、風の影響を受けてはがれたり、乾燥しやすかったりなどの影響を受けやすくなりますので注意しましょう。

<寒地型西洋芝>

春に芝張りをすることが望ましいですが、秋でも芝生の張りつけ養生は可能です。
寒地型西洋芝は、高麗芝に比べると気温的にも張り付け時期に余裕があります。
秋植えの時期は、地域にもよりますが10月〜11月頃が良いでしょう。
(地温5℃以下で休眠します)

冬場は根が張るまでに約3週間から約1ヶ月はかかります。
仮に気温が低くなりすぎて根付きに遅れが生じたとしても、芝生が水分を吸収できる状態を保てれば、芝生自体に悪影響はありません。

出水eyes

日本芝(高麗芝)の秋植えは目砂を全面にシッカリと行ってあげてください。その後、春発芽するまでは敷地を余り踏まないようにしてください。
新芽が出てくるまでに芝生自体がダメになってしまう可能性があります。

まずは新鮮な芝苗を入手します

当店の芝生は新鮮な芝苗です

状態の良い芝苗だと、葉が緑色で根に湿った土が付着しています。
当店では、お客様からご注文をいただいた段階で初めて圃場から芝生の切りだし作業に掛かります。
より新鮮な状態で芝生を発送させていただいております。

山積みにして販売されている芝生にありがちなこと

一般的に芝生の苗は山積みになって販売されていることが多いです。
そのような状態だと、乾燥して葉の先が丸まってしまったり、芝生が蒸れて葉が黄化してしまう恐れもあります。
葉の先が丸まって黒ずみ、根に付着した土まで乾燥している芝苗は、注意してください。芝生自体が枯れてしまっている可能性があります。

出水eyes

黄化した芝生を張る場合は、速やかに芝生を再生させられるような措置をとってください。目砂をしっかりと行い、水もタップリとかけてあげてください。
状態が回復するまで、しばらく様子をみてください。

張り床の準備をすすめます

雑草処理をします

芝生を設置する前にまずは雑草を取り除きます。さらにクリーンな土台を作るためには地面を掘り起こし、地下茎や根を取り除いておくとよいでしょう。
地面が硬いところでは、根まで枯らすことのできる非選択性除草剤を雑草の茎葉部に散布して、枯らしてから取り除くとよいでしょう。

出水eyes

除草剤散布後は出来れば1か月間はあけてから芝張りを行ってください。
除草剤の成分が抜けきったころに芝を張る感じとなります。そうすることによって張ったあとの芝生に悪影響がでないようにします。

整地を行います

地面をレーキなどで深さ3〜5cm程度耕し、平らにします。
このとき、土の塊や石ころ、あるいは凹凸が激しい場合、砂を3〜5cm敷いて平らにします。

出水eyes

整地はレーキ(熊手)を使用するか、ベニヤ板を置き全体を踏んでやると簡単に行うことができます。
地面が平らでないと、水平にきれいな芝生設置ができません。設置したあと、凸凹があると歩きづらいうえに、正常に水の流れを確保することができません。
芝生が根付いてから整地し直すことはとても困難です。始めの段階でしっかりと整地しておきましょう。整地して土を平らにした後は再びレーキ(熊手)を使い、軽くスジを入れましょう。そうすることにより、活着がしやすくなります。

芝生用として使用する土のなかには雑草の種子が多く混入しているものもあります。
黒ボク土と呼ばれる火山灰土には注意が必要です。
また粘土の塊が多く含まれているものにも注意してください。粘土質の土壌だと水はけが悪いため、芝生の根を腐らしてしまう可能性があります。
土壌が粘土質で多湿気味の場合は、水はけをよくするため適量の洗い砂、あるいは土壌改良資材を混ぜて土の状態を改善させてやる必要があります。

出水eyes

水はけの悪い土の状態を改善させてあげるには土壌改良剤であるパーライトもしくはバーク堆肥などを土と撹拌(カクハン)し、整地してください。
そうすることにより保水性を改善、ほか保肥性、通気性の確保にも繋がります。

出水eyes

下地に肥料をまき散水します。土を湿らせてから芝を張ります。
その後、目砂を蒔きます。
特に目地(芝生を張り合わせた部分)にしっかりと散布します。
散水は全体にまく感じではなく、芝生一枚づつに対し、丁寧におこなう感じで行ってください。水量の目安は、芝生の上に水が浮くぐらいがベストです。

芝張りの張り方

芝の張り方には次のようなものがあります。張り方ひとつでその後の芝生ケアが変わってきます。ここでは最も代表的な張り方を紹介します。
基本的に芝生はレンガ状に張る形がよいでしょう。

目地張り(めじばり)
  • ・芝に3〜5cmの隙間をあけてレンガ積み模様にします。
  • ・4月に張れば8月までには全面埋まります。
平張りなど(ひらばり)
  • ・隙間なく全面に張ります。ベタ張り、詰め張りともいいます。
  • ・芝生に隙間があると、目土や床土が雨で流されたり、雑草が発生します。
  • ・できれば平張りをおすすめします。
  • ・縁石部分などの曲線部分は、包丁やローンカッターを用いて芝を整形して張ります。
出水eyes

平張りがおすすめです。縦横の目地が十字にならないように張ってください。目地が十字になるように張ると目地を水が流れ、いつまでも目地が埋まりません。レンガ積み模様になるように並べるのが正しいやり方です。そのほうが接する苗が多くなるので、地下茎やほふく茎が伸びてお互いに絡み合い、苗どうしが強く結びつきます。
芝生の上にベニヤ板を置き踏んでやると芝生と地面が密着し、より根付きがよくなります。

目地張り(めじばり)
平張り(ひらばり)
悪い張り方
張りつけ後の管理

芝が根を出し、地面に定着するまでの約1ヶ月間が養成期間です。
その間、芝が乾かないように頻繁に水やりをしてください。
また、植えつけ1週間後に化成肥料などを1m2当たり30〜40g程度施してあげるといいでしょう。

失敗しないための芝生の選び方

芝生のプロが
お手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

失敗しないための芝生の選び方

設置される地域、場所、気候の違いだけでも、その後の育成状況が全く異ってきます。
芝は慎重に選びましょう。

気温による選択/代表的な芝の利用適応地域について

日本列島は北から南まで長く広がっています。各々、地域によって気温が大きく異なります。
気温は芝生の種類や品種を選ぶ基準として、とても重要な要素となります。

北海道〜東北地方北部エリア

AからBのゾーンは、ケンタッキーブルーグラスに代表される寒地型芝生の適地です。

東北地方南部エリア

Cのゾーンで、寒地型、暖地型どちらでも使えますが、どちらかというと寒地型芝生の適地です。

関東地方などのエリア

Dのゾーンは、寒地型芝生にとっては夏が暑く、暖地型にとっても冬がやや寒いという、選択に悩む地域です。
冬は緑色でなくて良いというのであれば、最も使いやすい芝生といえます。
高麗芝のご購入はこちら»  TM9のご購入はこちら» 

東海〜九州、沖縄地方などのエリア

EからFの地域で、夏の気温が高いので、寒地型芝生を1年中良好な状態で維持するのは困難です。
暖地型の芝を選択し、冬に緑が欲しい場合は、オーバーシーディングを行います。
高麗芝のご購入はこちら»  TM9のご購入はこちら» 

エリア温量指数(℃)

温量指数とは、1年間の月平均気温が5℃以上の月について、 5℃を超えた温度を積算した数字のことをいいます。
【例】1月の平均気温が15℃だった場合
15-5=10とし、同様の計算を1月から12月分まで出し、その数値の和が温量指数です。

代表的な芝の利用適応地区

草 種 植栽エリア
A B C D E F





ケンタッキーブルーグラス
ベントグラス
ライグラス類




野芝
高麗芝、TM9

:最適 :適 :場所・利用目的によって可

出水eyes

くれぐれも地域にあった芝生選びというものを心掛けてください。
お客様自身が芝生に何を求めるか・・・それにより選ぶ芝生の選択肢が変わってきます。購入前にしっかりと熟考ください

代表的な芝の特性

芝生は暖地型芝生、寒地型芝生とに分けられ、様々な種類がありますが、当店ではその中でも代表的な芝生である、高麗芝、TM9、ケンタッキーブルーグラスの取扱いをしております。各々、耐寒性、耐暑性、耐陰性、耐旱性、耐湿性などに、その種類ならではの特性があります

種 名 耐寒性 耐暑性 耐陰性 耐旱性 耐湿性





ペレニアルライグラス
ケンタッキーブルーグラス ×
ベントグラス ×




野芝
高麗芝、TM9
・耐寒性ー気温の低さに対する強さ。
・耐旱性ー土壌の乾燥に対する強さ。
・耐暑性ー気温の高さに対する強さ。
・耐湿性ー過湿に対する強さ。
・耐陰性ー日陰に対する強さ。

:極強、:強 :中 :弱 ×:極弱

出水eyes

寒冷地では、ケンタッキーブルーグラスかそれを主体とした混合種(ブルーグラスとライグラスの混合など)がおすすめです。
洋芝の中でもしっかりと根を張り、擦り切れなどの回復力に優れているのが特徴です。また、生育が比較的遅いので、刈り込み回数も少なくて済みます。
暖地では高麗芝、その中でも維持管理がとても楽な改良芝・ティーエムナインがおすすめです。ティーエムナインは高温・乾燥・病害虫に強く、生育が遅いので刈り込み回数が少なくて済むのが特徴です。

芝生を1年中緑にするための3つの方法

芝生のプロがお手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

芝生を1年中緑にするための3つの方法

常緑を実現するための方法は様々。お好みに合わせてお選びください。

方法1. 常緑の寒地型芝生を使用する

ケンタッキーブルーグラスは冬場でも地温が5℃ぐらいまでなら根付きます。
しかし5℃以下になると根は休眠してしまいます。
休眠してしまうといくら肥料を与えても効果はありませんので気をつけましょう。

ケンタッキーブルーグラスを育てるにはたくさんの水が必要となります。
水やりの目安としては「1平米あたり10〜20ℓぐらい」と心掛けましょう。
過剰な水やりは芝生にとって害となります。くれぐれも気をつけましょう

出水eyes

散水はこまめに行ってください。特に夏場は朝だけでなく夕方の散水を必ず行ってください。芝生は水分が命です。大切な芝生を枯らさないよう、常に水分を絶やさないように注意してください。

方法2. ウィンターオーバーシードで常緑にする

オーバーシードで常緑をするには
  • ・一般的に、ティフトンとライグラスを使用したオーバーシードが組み合わせとして相性が良いとされます。
  • ・ベースとなる暖地型芝生には、日本芝より繁殖率の高いティフトン芝がよく用いられます。
  • ・ティフトン芝は擦り切れに強く、スポーツターフ、ウィンターオーバーシードのベース芝(夏用)として最適です。
  • ・冬越えのあとの交代もスムーズです。
  • ・ライグラスは生育が早く、踏圧に強く短年草の芝生です。オーバーシード(冬用)として利用されます。冬場、ティフトン芝の根っこを守ります。
オーバーシードの直後は、なるべく敷地には入らないでください
  • ・芽を出した冬芝が生長して丈夫になるまで、芽を出してからのち1ヶ月ぐらいは(最低でも1〜2週間)、芝生を使わないで冬芝をしっかり育ててあげること(養生)が必要です。
  • ・種をまいたあと、冬芝が芽を出したばかりの時は葉は細く、柔らかいです。芽を出したとたんに芝生を使ってしまうと芽を出した冬芝はすぐに切れたり、ちぎれたりして無くなってしまいます。それではオーバーシードした意味がありません。
  • ・夏芝を春までしっかり守るためにも、冬芝はしっかりと育てる必要があります。
  • ・オーバーシード後は、なるべく敷地に入らないようにしてください。
  • ・冬の間、冬芝にしっかりと守られた夏芝は、春がくれば再び元気に芽を出し始めます。
  • ・そして夏になれば再び冬芝に代わり敷面いっぱいに夏芝が広がります。

ティフトン芝を100m2以上敷いている場合は、完全にオーバーシードを必要とします。種の目安ですが、種100gにつき、芝生2平米あたりをフォローできます。

出水eyes

オーバーシードの種蒔きの目安ですが、2m2100gとはありますが、これは一般的な見解です。より推し進めて専門家として見るならば、先ず10月中旬までにm2/40gを散布、11月に10gを発芽の悪い所に散布すると良いでしょう。
*種の散布前には必ず夏芝を低刈り(10mm)してから種を散布、そして必ず目砂をして下さい。100m2位なら目砂をバケツに半分位入れ、そこに種を入れよくかき混ぜ散布してください。種蒔と目砂が一度にできます。肥料の散布も忘れずに行ってください。

日本芝でオーバーシードしたい場合

基本、日本芝(高麗芝、野芝等)に対して西洋芝(ライグラス/冬種)でオーバーシードすることは推奨しません。理由としては、西洋芝の根の方が強いため、日本芝の根を痛めてしまうからです。(冬越え後の翌3月〜5月ぐらいには、日本芝の生長が始まりますが、すでに根は痛んでおり、良い状態を保つことは困難です)

しかし、日本で一般的な芝生は高麗芝、野芝などの日本芝です。
その土台を活かして常緑を実現できたらと思うのは自然の成り行きといえます。
その場合、オススメできる芝生の種がございます。

日本芝でオーバーシードをする場合、タキイ種苗蠅痢屮汽張ワセ」をおすすめします

本来であれば日本芝と洋芝とのオーバーシードはオススメしませんが、「サツキワセ」を使用すればスムーズに移行させることが可能です。

サツキワセとは?

:サツキワセはタキイ種苗蠅開発したオーバーシード専用品種で、ペレニアルライグラスとイタリアンライグラスの交配種です。

サツキワセの特徴

:葉は濃緑でキメが細かい。冬期の緑度保持も抜群。従来の品種より春の移行がスムーズ
ティフトンや日本芝へのオーバーシード専用品種です。

方法3. 芝生用着色剤を使用して常緑にする

暖地型芝生(日本芝)の場合、秋から冬にかけて、芝の色はだんだんと茶色に変色してゆきます。そこで、冬でも緑色を保たせるために、「芝生用着色剤」を使用して芝生を緑に染め上げ、常緑を実現させます。

着色剤塗布のポイント
  • ・芝生を着色するのは10月中旬ぐらいまでを目安に行います。
  • ・早めに着色を済ませれば、休眠時期が遅くなり、春の芽吹きが早くなる効果があります。
  • ・着色をすることにより、熱の吸収効率が増し、保温効果を高めます。

着色剤対応というけれど、着色のタイミングが難しそうですね。

出水eyes

着色剤の塗布は夏芝が必ず緑のうちに行ってください。
再度、12月頃に軽く着色を済ませておけば、新年を鮮やかな緑の芝生で迎えることができます。

初めての芝生選びの前に芝生の種類と特徴を知ろう

芝生のプロが
		お手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

初めての芝生選びの前に芝生の種類と特徴を知ろう

芝生は生育適温と栽培地域によって「暖地型芝生」と「寒地型芝生」とに大別できます。

暖地型芝生とは?

  • ・高温の環境下で育ち、乾燥にも強い芝生です。
  • ・夏30℃以上の高温になっても成長するため「夏芝」とも呼ばれます。
  • ・10℃以下で生育が停止します。
  • ・休眠中は色が茶褐色になって一見枯れたように見えますが休眠しているだけです。
  • ・春になると、再び色が戻り始め、芽を出して生育を再開します。
<当店で取り扱う暖地型芝生>
高麗芝

日本芝と呼ばれる日本在来品種の1つです。東北以南の個人庭園や公園で最もポピュラーに利用される芝生です。11月〜3月の冬季にかけては、生育が停止します。
高麗芝について詳細はこちら» TM9(高麗芝の改良芝)については詳細こちら» 

寒地型芝生とは?

  • ・寒地型芝生は寒冷地に適して、冬期も緑色の葉を保つので「常緑型芝(冬芝)」と呼ばれます。
  • ・夏でも涼しい地域で用いられます。北海道や東北、山岳地帯などに用いられます。
  • ・生育適温は15〜20℃で春と秋に旺盛に生育します。
  • ・5℃以下で生育が停止します。葉が枯れることはありません。
  • ・乾燥に弱いものが多く、生長が早いので管理が難しいです。
  • ・関東以北に向きます。
  • ・慣用的に寒地型芝生を西洋芝と呼びます。
<当店で取り扱う寒地型芝生>
ケンタッキーブルーグラス

最も一般的な西洋芝です。世界中で広く栽培されています。主に寒冷地などの公園・庭園などで使われています。高温・乾燥には若干弱いです。 

代表的な芝の特性

種 名 耐寒性 耐暑性 耐陰性 耐旱性 耐湿性





ペレニアルライグラス
ケンタッキーブルーグラス ×
ベントグラス ×




野芝
高麗芝、TM9
・耐寒性ー気温の低さに対する強さ。
・耐旱性ー土壌の乾燥に対する強さ。
・耐暑性ー気温の高さに対する強さ。
・耐湿性ー過湿に対する強さ。
・耐陰性ー日陰に対する強さ。

:極強、:強 :中 :弱 ×:極弱

出水eyes

芝は冬に休眠に入りますが 乾燥には注意してください。
(特に3月あたりは注意が必要。)
2週間以上雨が降らないときは散水をしっかりと行ってください。
地上系は枯れた状態でも、地中では根が発芽の準備をしています。
成長を促すためにも、水は欠かさず与えてやってください。

芝生のプロが
		お手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

初めての芝生選びの前に芝生の種類と特徴を知ろう

芝生は生育適温と栽培地域によって「暖地型芝生」と「寒地型芝生」とに大別できます。

暖地型芝生とは?

  • ・高温の環境下で育ち、乾燥にも強い芝生です。
  • ・夏30℃以上の高温になっても成長するため「夏芝」とも呼ばれます。
  • ・10℃以下で生育が停止します。
  • ・休眠中は色が茶褐色になって一見枯れたように見えますが休眠しているだけです。
  • ・春になると、再び色が戻り始め、芽を出して生育を再開します。
<当店で取り扱う暖地型芝生>
高麗芝

日本芝と呼ばれる日本在来品種の1つです。東北以南の個人庭園や公園で最もポピュラーに利用される芝生です。11月〜3月の冬季にかけては、生育が停止します。
高麗芝について詳細はこちら» TM9(高麗芝の改良芝)については詳細こちら» 

野芝

北海道の北部から沖縄にいたるまで幅広く自生している日本芝と呼ばれる在来種の1つです。高麗芝と同様、ポピュラーに利用されています。

寒地型芝生とは?

  • ・寒地型芝生は寒冷地に適して、冬期も緑色の葉を保つので「常緑型芝(冬芝)」と呼ばれます。
  • ・夏でも涼しい地域で用いられます。北海道や東北、山岳地帯などに用いられます。
  • ・生育適温は15〜20℃で春と秋に旺盛に生育します。
  • ・5℃以下で生育が停止します。葉が枯れることはありません。
  • ・乾燥に弱いものが多く、生長が早いので管理が難しいです。
  • ・関東以北に向きます。
  • ・慣用的に寒地型芝生を西洋芝と呼びます。
<当店で取り扱う寒地型芝生>
ケンタッキーブルーグラス

最も一般的な西洋芝です。世界中で広く栽培されています。主に寒冷地などの公園・庭園などで使われています。高温・乾燥には若干弱いです。

代表的な芝の特性

種 名 耐寒性 耐暑性 耐陰性 耐旱性 耐湿性





ペレニアルライグラス
ケンタッキーブルーグラス ×
ベントグラス ×




野芝
高麗芝、TM9
・耐寒性ー気温の低さに対する強さ。
・耐旱性ー土壌の乾燥に対する強さ。
・耐暑性ー気温の高さに対する強さ。
・耐湿性ー過湿に対する強さ。
・耐陰性ー日陰に対する強さ。

:極強、:強 :中 :弱 ×:極弱

出水eyes

芝は冬に休眠に入りますが 乾燥には注意してください。
(特に3月あたりは注意が必要。)
2週間以上雨が降らないときは散水をしっかりと行ってください。
地上系は枯れた状態でも、地中では根が発芽の準備をしています。
成長を促すためにも、水は欠かさず与えてやってください。

芝生のプロがお手入れ等のノウハウを伝授

芝生のプロがお手入れ等のノウハウを伝授

出水さんってどんな人?

1977年にゴルフ場コース管理会社に入社後、ゴルフ場グリーンキーパーを数十年間務め、その後に独立する。
大阪国際陸上開催地である長居陸上競技場の改修工事や、ナショナルトレーニングセンターの天然芝ピッチ(サッカー場5面)造成工事などにも従事・協力する。

平成21年 それまでの活動が認められ、大阪府芝生サポート貢献企業に認定される。

その後も主に泉州地域を中心に校庭緑化事業のサポート及びアドバイスを行う傍ら、三重、兵庫などのゴルフ場グリーン改修工事や公園、マンション、工場等の芝生の管理、及び緑化の管理・改修工事を行う。

平成24年には地元である大阪府の知事より感謝状をいただく。

日本芝草学会会員
緑の安全推進協会会員

関西圏を中心に活躍する
知る人ぞ知る、芝生のエキスパートです。

当店(専任) 施工協力者(関西圏)
芝生管理技術者:出水 巌
(有)イズミグリーン サービス

ページトップへ