マイページへログイン お問い合せ

屋上緑化やガーデニングに最適な芝生等の販売通販エコスクエア三都

気軽にエコ&プチ・ガーデニング
エコスクエア・サント

0120-310-890

元気で美しい芝生を実現するための芝生の張り方

芝生のプロが
お手入れ等のノウハウを伝授

プロフィールはこちら

元気で美しい芝生を実現するための芝生の張り方

芝生は適切な時期に芝張りしてあげることにより、芝の根を十分に定着させ、
とてもキレイに育成させることが可能です。

芝の張りつけ適期について

芝生には春植え、秋植えという言葉があり、主に季節の変わり目の時期に芝張りしてあげると良いとされます。一般的に、芝張りは3月~9月下旬頃が適期とされます。梅雨入り前の4、5月頃が特に根付きが良いです。

春植え
<高麗芝>

芝の張りつけ時期として最適なのは、桜の開花期である春です。
関東地方以西では、3月中旬から6月中旬に張ります。
5月以降は乾燥するので、乾かないよう頻繁な水やりが必要です。
東北地方や高冷地では、4月下旬以降の芝張りが適期です。
地域によって異なってきますが、適切な時期に芝張りを行っておくことにより、秋までにきれいな芝生を育成させることが可能です。

秋植え
<高麗芝>

できれば春に芝張りをしてもらうことがよいですが、秋でも芝生の張りつけ養生は可能です。
関東地方以西では9月下旬まで、東北地方や高冷地では9月上旬まで芝張りが可能です。
しかし秋植えには、春植えにないリスクもあります。
秋植えは作業のタイミングが遅れると、芝の根が十分に定着しない恐れがあります。
10月下旬くらいを境に、気温が急激に低くなり(地温15℃以下で休眠します)、目地が完全に埋まる前に芝生の生長が止まります。
そうなると年内中のきれいな芝生は望めません。
しっかり根付いた芝生にまで育成させるには翌年の春以降まで待たなくてはなりません。
芝生の根がしっかりと張っていないと、風の影響を受けてはがれたり、乾燥しやすかったりなどの影響を受けやすくなりますので注意しましょう。

<寒地型西洋芝>

春に芝張りをすることが望ましいですが、秋でも芝生の張りつけ養生は可能です。
寒地型西洋芝は、高麗芝に比べると気温的にも張り付け時期に余裕があります。
秋植えの時期は、地域にもよりますが10月~11月頃が良いでしょう。
(地温5℃以下で休眠します)

冬場は根が張るまでに約3週間から約1ヶ月はかかります。
仮に気温が低くなりすぎて根付きに遅れが生じたとしても、芝生が水分を吸収できる状態を保てれば、芝生自体に悪影響はありません。

出水eyes

日本芝(高麗芝)の秋植えは目砂を全面にシッカリと行ってあげてください。その後、春発芽するまでは敷地を余り踏まないようにしてください。
新芽が出てくるまでに芝生自体がダメになってしまう可能性があります。

まずは新鮮な芝苗を入手します

当店の芝生は新鮮な芝苗です

状態の良い芝苗だと、葉が緑色で根に湿った土が付着しています。
当店では、お客様からご注文をいただいた段階で初めて圃場から芝生の切りだし作業に掛かります。
より新鮮な状態で芝生を発送させていただいております。

山積みにして販売されている芝生にありがちなこと

一般的に芝生の苗は山積みになって販売されていることが多いです。
そのような状態だと、乾燥して葉の先が丸まってしまったり、芝生が蒸れて葉が黄化してしまう恐れもあります。
葉の先が丸まって黒ずみ、根に付着した土まで乾燥している芝苗は、注意してください。芝生自体が枯れてしまっている可能性があります。

出水eyes

黄化した芝生を張る場合は、速やかに芝生を再生させられるような措置をとってください。目砂をしっかりと行い、水もタップリとかけてあげてください。
状態が回復するまで、しばらく様子をみてください。

張り床の準備をすすめます

雑草処理をします

芝生を設置する前にまずは雑草を取り除きます。さらにクリーンな土台を作るためには地面を掘り起こし、地下茎や根を取り除いておくとよいでしょう。
地面が硬いところでは、根まで枯らすことのできる非選択性除草剤を雑草の茎葉部に散布して、枯らしてから取り除くとよいでしょう。

出水eyes

除草剤散布後は出来れば1か月間はあけてから芝張りを行ってください。
除草剤の成分が抜けきったころに芝を張る感じとなります。そうすることによって張ったあとの芝生に悪影響がでないようにします。

整地を行います

地面をレーキなどで深さ3~5cm程度耕し、平らにします。
このとき、土の塊や石ころ、あるいは凹凸が激しい場合、砂を3~5cm敷いて平らにします。

出水eyes

整地はレーキ(熊手)を使用するか、ベニヤ板を置き全体を踏んでやると簡単に行うことができます。
地面が平らでないと、水平にきれいな芝生設置ができません。設置したあと、凸凹があると歩きづらいうえに、正常に水の流れを確保することができません。
芝生が根付いてから整地し直すことはとても困難です。始めの段階でしっかりと整地しておきましょう。整地して土を平らにした後は再びレーキ(熊手)を使い、軽くスジを入れましょう。そうすることにより、活着がしやすくなります。

芝生用として使用する土のなかには雑草の種子が多く混入しているものもあります。
黒ボク土と呼ばれる火山灰土には注意が必要です。
また粘土の塊が多く含まれているものにも注意してください。粘土質の土壌だと水はけが悪いため、芝生の根を腐らしてしまう可能性があります。
土壌が粘土質で多湿気味の場合は、水はけをよくするため適量の洗い砂、あるいは土壌改良資材を混ぜて土の状態を改善させてやる必要があります。

出水eyes

水はけの悪い土の状態を改善させてあげるには土壌改良剤であるパーライトもしくはバーク堆肥などを土と撹拌(カクハン)し、整地してください。
そうすることにより保水性を改善、ほか保肥性、通気性の確保にも繋がります。

出水eyes

下地に肥料をまき散水します。土を湿らせてから芝を張ります。
その後、目砂を蒔きます。
特に目地(芝生を張り合わせた部分)にしっかりと散布します。
散水は全体にまく感じではなく、芝生一枚づつに対し、丁寧におこなう感じで行ってください。水量の目安は、芝生の上に水が浮くぐらいがベストです。

芝張りの張り方

芝の張り方には次のようなものがあります。張り方ひとつでその後の芝生ケアが変わってきます。ここでは最も代表的な張り方を紹介します。
基本的に芝生はレンガ状に張る形がよいでしょう。

目地張り(めじばり)
  • ・芝に3~5cmの隙間をあけてレンガ積み模様にします。
  • ・4月に張れば8月までには全面埋まります。
平張りなど(ひらばり)
  • ・隙間なく全面に張ります。ベタ張り、詰め張りともいいます。
  • ・芝生に隙間があると、目土や床土が雨で流されたり、雑草が発生します。
  • ・できれば平張りをおすすめします。
  • ・縁石部分などの曲線部分は、包丁やローンカッターを用いて芝を整形して張ります。
出水eyes

平張りがおすすめです。縦横の目地が十字にならないように張ってください。目地が十字になるように張ると目地を水が流れ、いつまでも目地が埋まりません。レンガ積み模様になるように並べるのが正しいやり方です。そのほうが接する苗が多くなるので、地下茎やほふく茎が伸びてお互いに絡み合い、苗どうしが強く結びつきます。
芝生の上にベニヤ板を置き踏んでやると芝生と地面が密着し、より根付きがよくなります。

目地張り(めじばり)
平張り(ひらばり)
悪い張り方
張りつけ後の管理

芝が根を出し、地面に定着するまでの約1ヶ月間が養成期間です。
その間、芝が乾かないように頻繁に水やりをしてください。
また、植えつけ1週間後に化成肥料などを1m2当たり30~40g程度施してあげるといいでしょう。

ページトップへ